とっくり蘭

先日、ご近所の檀家さまからとっくり蘭をいただきました。

名前は知っていたのですが、実物をは見たことが有りませんでした。
ある日お参りに伺うと「うちのとっくり蘭が開花しそうなんです。」とおっしゃられるので、拝見させていただくと・・・デカい!
屋根まで届く大きさで、てっぺんに黄色いフサフサ小さなの蕾の集合体がついています。
ただ開花は初めてのため、何時になるか分からないので、その日が来たらお知らせいただく事にしました。

どんな花が咲くのかなあと思っていると、後日「開花したよ!」とのご連絡があり、さっそく伺うと、黄色い小さな花がたくさん咲いておりました。

辻家とっくり蘭

なんとなく君子蘭胡蝶蘭のような花を想像していたので、「蘭も色んな種類があるものだ」と感心していると、檀家さまが「お寺にも差し上げますよ。」とおっしゃってくださりました。

育て方も比較的簡単とのことで、厚かましく頂くことにしました。

如来寺とっくり蘭

この膨らんだ根本がとっくり蘭の名前の由来らしいですが、水をやりすぎると大きくなりすぎ、鉢を割ってしまうことも有るそうです。
また花は数十年に一度しか咲かないらしく、とても珍しいとのことでした。

身体ばかり大きくなり、花もなかなか咲かせない・・・
なんとなく自分のようだなぁと思わなくもありません。

結婚式のとき大学の恩師が「岡田君は大器晩成のタイプでして・・・」とスピーチして下さりましたが、一度で良いので、遅くても良いので、綺麗な花を咲かせてみたいとも思います。